スマートキャンパス

スマートキャンパス 交通と環境負荷低減

公共交通利用促進

学生にバス停近くへの居住を促し、環境により良い交通行動を実践してもらうために、つくばアパートマップと動機付け冊子を配付し、その効果を検証しています。

つくばアパートマップは、通常の住宅情報誌にバスの便利なアパートにマークを付したものであり、動機付け冊子は、居住地選択時にバス停までの距離を考慮する必要性等を掲載した冊子です。学内定期券の販売枚数も増加しています。

公共交通利用促進

カーシェアリング実証実験

学生・教職員を対象としたカーシェアリングシステムを導入し、マイカーに代わる公共性を持った新たな交通手段として普及を進めるため、2009年度から実証実験をスタートしました。現在は、学内に5台を設置し運用しています。

アンケート調査などの結果、カーシェアリングシステムは環境と引き換えに利便性を失うことなく、CO2排出量を削減できるシステムであり、持続可能な交通体系の構築に有効であると考えられることが分かりました。現在も普及促進活動を進め、調査を継続します。

カーシェアリング実証実験

関連リンク

エコドライブ

つくばエコシティ推進グループでは、大学の職員、教員、学生を対象にエコドライブ教習会を実施しました。エコドライブの必要性や効果、実践のポイントについて説明を受けるだけでなく、筑波大学周辺を回るコースを教習車で運転してエコドライブの方法を身につけることができました。現在は、新たな方法として、職員に燃費計測器およびエコドライブ講習のDVDを貸出しし、多くの職員がエコドライブの方法を学習できるよう取り組んでいます。

エコドライブは、運転免許をお持ちの方であればどなたでも取り組むことのできる『地球に優しい運転方法』です。つくば環境スタイルを実行する一人として、是非この機会に身につけましょう。

2014年までに毎年480人、5年で2400人の受講を目指し、つくば市のみならず、地球環境の改善に貢献していきたいと考えています。

エコドライブ

駐車場緑化

学内駐車場の緑化を進め、駐車場としての機能を損なうことなくCO2の削減へ貢献する試みを始めました。

駐車場に樹を植えることにより、CO2の吸収し、日中の日射を遮ることで、夏場のカーエアコンの使用削減を促し、秋季の落ち葉は、燃料用バイオマスとしての活用も検討しています。将来的には、つくば市全体に拡大できるよう提案していく予定です。

駐車場緑化

植樹する学生(2009.3)

パーソナルモビリティ・超小型車両活用実験

代表者:システム情報系 准教授 岡本直久 別タブで開く

概要

つくば市はロボット特区の指定を受け、セグウェイなどのパーソナルモビリティ(以下PM)の走行実験が展開され走行安全性の検証等が進められている。今後、これらのPMの普及過程を考慮した場合、個人所有よりもむしろ共同利用による活用方法が必要となる。そこで、本学つくばキャンパスをフィールドに、これらの新しいモビリティの活用と省エネ・環境負荷軽減への貢献の可能性を評価することを目的として、①PM共同利用システム(シェアシステム)を構築し、②学内運送業務への活用可能性とエコ度の評価を行う。

パーソナルモビリティ・超小型車両活用実験

平成25年度の活動報告

平成25年度の活動報告